2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.06 (Thu)

ワルシャワからこんにちは。

またもやご無沙汰していました。
こんなに更新頻度がまばらなのに、閲覧いただきありがとうございます。

七月頭から二週間の日程で、ワルシャワに滞在しています。
今日から声楽のマスタークラスに参加で、昨日はオープニングセレモニーがありました。

ショパン音楽院で開催されているこのマスタークラス、参加者の7割が韓国人なんです。
そして何割かのポーランド人と、日本人が3人。
なんともアジア的な講習会です。

私はおなじみのエヴァ先生のクラスに参加するのですが、
オープニングでの先生のスピーチは素晴らしいものでした。

「ようこそポーランドへ。皆さんがポーランドを学びの場として選んでくれたことをとても嬉しく思います。
ポーランドはヨーロッパの中でも重要な役割を果たしていて、音楽的にも『イタリア系、ドイツ系、ロシア系』と
偏りなく勉強することができます。
どうぞ家族と過ごすようにこの国を存分に楽しんでください。
そしてもちろんのこと、ポーランド料理も皆さんを満足させるでしょう」

先生は歌のみならず、性格が生まれながらの表現者なのだと感じました。

これから五日間、大きい曲や普段では挑戦できないことにトライしてみたいと思います。

ワルシャワにいても、観光らしいことはあまり今のところしていません。
コースが終わったら彼が三日間観光に来るので、その時まで楽しみはとっておこうかと思います。

7月17日には日本に旅立ちます。
2年ぶりの日本なので、とても楽しみです。
スポンサーサイト
12:13  |  未分類  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.05 (Mon)

論文終了といちごの季節

ご無沙汰しておりました。

五月は論文と学部課程のディプロマコンサートの準備に追われ、ほぼ毎日ゾンビでした。

特に論文は初めて書くものだったので、いろんな人に助けてもらいつ期限に遅れつつ、提出できました。
費やしたコーヒーの数知れず。。。

翻訳から調べもの、書式の統一など、何から何まで手伝ってくれた彼には、
「もうね、博士課程の論文はいまからテーマ決めて取り組んでよ、この期間がまた二年後に来るなんて信じられない」
と文句を言われました。
なんだかんだいってまた手伝ってくれるんじゃん、って感じなんですが。

ふう。なれないことをするって疲れますね。
自分の文章能力のつたなさに愕然としました。

ポーランドは初夏の雰囲気で、市場や露店も色とりどりになってきました。
今日は甘い香りの誘惑に負けて、苺を購入。

こんな箱に入って売ってます。
18880080_10155368204141779_2225771322887863808_o.jpg

勢いあまって2キロも買ってしまったのですが、実は生のイチゴはそこまで大好物なわけではありません。
ポーランドのイチゴは不揃いでも甘くておいしいと評判なのですが。

なので、いちご水とジャムを作ることに。

いちご水は、「赤毛のアン」という児童書の中で、アンが「わたし、赤いのみものって大好き!」というシーンに出てきます。
子供の時にそれを読んでから、「いったいどんな味がするのか」と想像していたのですが。
案外ポーランドで普通にかなえられた夢でした。

いちご水だけではなく、いろんな果物を煮出したものをコンポートといい、
ランチと一緒に注文したりもします。

これから、さくらんぼやアプリコット、ルバーブなど、いろんな果物がどんどん出てくるので楽しみです。
22:49  |  未分類  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.14 (Sun)

惚れてしまうじゃないか

今年の春は異常気象で、5月なのに雪が降ったり、曇り空が続いたりしています。
が、今日はぽかぽかと暖かい春の日でした。

いつも練習の合間に、親友とお茶をするのですが、今日はテラス席があるカフェで日向ぼっこをしました。

いつも彼とはいい時間を過ごしています。
くだらない話から、音楽の話、仕事の話、嬉しかったこと、悲しかったこと、旅行の事、…etc.
ほぼ毎日会っているのに、話題は尽きません。

よく二人で言うのが、「私たち結婚できるよね」ということです。
そして、くだらないことをあげつらっては「やっぱだめだね、結婚はやめよう」と冗談で言い合うのが日課です。

そんな彼ですが、時たまドキッとすることを言ってくるので侮れません。
つい先日はお酒が入った際には、「Marysiaを初めてみた時から、ずっと『友達になりたい』って思ってたんだよ。だって、雰囲気が素敵なんだもん。」と昔話をしてくれました。

彼と一緒にいるといつも、「あぁ、こういう風に気持ちを伝えればいいんだ」ってことを学びます。
いつも自然体でいられる、彼と過ごす時間はかけがえのないものとなっています。


そんなこんなですが、今日は花をくれました。
「花をもらった。」ただそれだけの事なのに、すごくハッピーになりました。

スーパーのレジの脇に花が置いてあったから、買っただけなんです。


「職場で誰か誕生日なの?」と聞くと、
「これはMarysiaにだよ。だって君は素敵だからね」と一言。

なんでもない一日をハッピーにするのはすごく簡単なんですね。

黄色いチューリップは花言葉があまりよくないのですが、
元気な色を私に選んでくれました。

ポーランド人の愛情表現、大好きです。
23:51  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.03 (Wed)

ベタを飼い始めた

先日イースター休暇の際に、友人の魚を数日預かりました。
ひれが長く、優雅な色合いをしたその魚にすっかりとりこになり、いつか飼いたいと思っていました。

それが突然やってきた”その日”。
ゴールデンウィークの中日の事です。

昨日はゴールデンウィークでも中一日だけ祝日ではなく、普通の日でお店もあいていました。
五月三日は祝日なので、食料を買いだしにモールに行くことに。
ここのモールはペットショップとスーパーが隣同士なので、たまにふらふらっと入ってみるんです。
主にインコを見て癒されているのですが。

ふと気になってベタも見てみることに。

‼‼‼‼‼‼‼‼

種類がたくさんいる‼‼‼
前回は瀕死な固体か、あまり色がきれいではないのしかいなかったのに。。。。

迷ってしまうほど美しいベタが並んでいたのです。

*ベタはタイ産の川魚で、「闘魚」ともよばれる魚です。
品種改良されて、色がとてもきれいなため、インテリアとしてもとても人気があるようです。
名前の通り、他の魚と一緒になるとどちらかが死ぬまで戦うので、単体でしか飼えません。

私が選んだのはこの色。
18275137_10155256770511779_3218232857487363119_n.jpg
ラベンダーとサンゴピンクで、独特の色合いをしています。

クジャクのような青とも迷ったのですが、このなんとも言えない光具合に惹かれました。
18268187_10155256770366779_1091149885470851326_n.jpg

名前はPiccolo(ぴっころ)です。
イタリア語で「小さい」という意味です。

割と人懐っこく、水槽を覗いていると近寄ってくるので可愛いです。

水槽に水草を入れることを考えたり、他のベタを調べたり、しばらくベタにはまりそうです。
16:14  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.26 (Wed)

郷に入ったら郷に従え

今私の所属するカトビツェ音楽院では、声楽科の音楽祭を開催しています。

テーマの異なるコンサートや、体験レッスン、演劇など、生徒たちの出演する機会もたくさんあります。
私は合唱として参加しているのですが、合唱だけでも6つのコンサートに参加です。

毎日リハーサルやらオケ合わせやら、自分の練習やらで忙しくしています。

その中で、目玉となっている出し物はモーツァルトのオペラ「魔笛」。
昨日、今日、5月7日と異なるキャストで三日間の上演です。

合唱の出番はほんのちょっぴりしかないものの、
きちんと化粧をして、髪型も整え、一番綺麗に見える格好で人前に出ることは気が引き締まります。

学校では演奏会の前にドレスコードや髪形を指定されることがあるのですが、
これが日本とは大違いで笑えます。

「派手なメイクで‼‼‼‼」と指定されるんです。
というのも、ステージに乗ったときに映えるようなメイクでないといけないからなんです。

綺麗にしてる人たちがステージにのってると、それだけでプロフェッショナルな感じがしますね。
学生たちはこういう場を通して、いかに自分たちを魅力的に見せるかを学んでいきます。

普段すっぴん派の私としては、数少ない化粧する日を大いに楽しんでいます。
こんなに気分が違うなら、毎日化粧しようかなとも思うのですが、
朝になると「すっぴんでいいや」と思ってしまうんですね。

こぼれ話ですが、演奏会前の集合時間。
たいてい1時間前です。無駄に早く集まったりしません。

昨日の公演では、なんと私が時間に気が付いたのは集合時間の5分前。
学校まではどんなに急いでも7分はかかります。

5分遅れで音楽院に着き、友人を探すも誰もいませんでした。
「やばい、もうみんな集まって本番前の打ち合わせでもしてるのか」と思って真っ青になっていたところ、
同じように遅れてきた友人が。

指定された控え室にいくと、私たち以外誰もいません。
なんと、みんな5分どころじゃなく遅刻してきたのでした。

「遅刻」っていうより、「ゆるりとそのくらいの時間に集まった」というのが正しいですね。
こういう時に「やばい遅刻だ。怒られる」と思うのが、自分が日本人だと感じるときです。

それぞれが身支度を整えて、軽くみんなで声出しをしたら、もう後は「ステージ袖で5分前に集まりましょう」という気楽なものです。
案外それくらい気楽なほうがうまくいくのかもしれないと思ったりもしました。
23:25  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT