2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.14 (Sun)

惚れてしまうじゃないか

今年の春は異常気象で、5月なのに雪が降ったり、曇り空が続いたりしています。
が、今日はぽかぽかと暖かい春の日でした。

いつも練習の合間に、親友とお茶をするのですが、今日はテラス席があるカフェで日向ぼっこをしました。

いつも彼とはいい時間を過ごしています。
くだらない話から、音楽の話、仕事の話、嬉しかったこと、悲しかったこと、旅行の事、…etc.
ほぼ毎日会っているのに、話題は尽きません。

よく二人で言うのが、「私たち結婚できるよね」ということです。
そして、くだらないことをあげつらっては「やっぱだめだね、結婚はやめよう」と冗談で言い合うのが日課です。

そんな彼ですが、時たまドキッとすることを言ってくるので侮れません。
つい先日はお酒が入った際には、「Marysiaを初めてみた時から、ずっと『友達になりたい』って思ってたんだよ。だって、雰囲気が素敵なんだもん。」と昔話をしてくれました。

彼と一緒にいるといつも、「あぁ、こういう風に気持ちを伝えればいいんだ」ってことを学びます。
いつも自然体でいられる、彼と過ごす時間はかけがえのないものとなっています。


そんなこんなですが、今日は花をくれました。
「花をもらった。」ただそれだけの事なのに、すごくハッピーになりました。

スーパーのレジの脇に花が置いてあったから、買っただけなんです。


「職場で誰か誕生日なの?」と聞くと、
「これはMarysiaにだよ。だって君は素敵だからね」と一言。

なんでもない一日をハッピーにするのはすごく簡単なんですね。

黄色いチューリップは花言葉があまりよくないのですが、
元気な色を私に選んでくれました。

ポーランド人の愛情表現、大好きです。
スポンサーサイト
23:51  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.03 (Wed)

ベタを飼い始めた

先日イースター休暇の際に、友人の魚を数日預かりました。
ひれが長く、優雅な色合いをしたその魚にすっかりとりこになり、いつか飼いたいと思っていました。

それが突然やってきた”その日”。
ゴールデンウィークの中日の事です。

昨日はゴールデンウィークでも中一日だけ祝日ではなく、普通の日でお店もあいていました。
五月三日は祝日なので、食料を買いだしにモールに行くことに。
ここのモールはペットショップとスーパーが隣同士なので、たまにふらふらっと入ってみるんです。
主にインコを見て癒されているのですが。

ふと気になってベタも見てみることに。

‼‼‼‼‼‼‼‼

種類がたくさんいる‼‼‼
前回は瀕死な固体か、あまり色がきれいではないのしかいなかったのに。。。。

迷ってしまうほど美しいベタが並んでいたのです。

*ベタはタイ産の川魚で、「闘魚」ともよばれる魚です。
品種改良されて、色がとてもきれいなため、インテリアとしてもとても人気があるようです。
名前の通り、他の魚と一緒になるとどちらかが死ぬまで戦うので、単体でしか飼えません。

私が選んだのはこの色。
18275137_10155256770511779_3218232857487363119_n.jpg
ラベンダーとサンゴピンクで、独特の色合いをしています。

クジャクのような青とも迷ったのですが、このなんとも言えない光具合に惹かれました。
18268187_10155256770366779_1091149885470851326_n.jpg

名前はPiccolo(ぴっころ)です。
イタリア語で「小さい」という意味です。

割と人懐っこく、水槽を覗いていると近寄ってくるので可愛いです。

水槽に水草を入れることを考えたり、他のベタを調べたり、しばらくベタにはまりそうです。
16:14  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.26 (Wed)

郷に入ったら郷に従え

今私の所属するカトビツェ音楽院では、声楽科の音楽祭を開催しています。

テーマの異なるコンサートや、体験レッスン、演劇など、生徒たちの出演する機会もたくさんあります。
私は合唱として参加しているのですが、合唱だけでも6つのコンサートに参加です。

毎日リハーサルやらオケ合わせやら、自分の練習やらで忙しくしています。

その中で、目玉となっている出し物はモーツァルトのオペラ「魔笛」。
昨日、今日、5月7日と異なるキャストで三日間の上演です。

合唱の出番はほんのちょっぴりしかないものの、
きちんと化粧をして、髪型も整え、一番綺麗に見える格好で人前に出ることは気が引き締まります。

学校では演奏会の前にドレスコードや髪形を指定されることがあるのですが、
これが日本とは大違いで笑えます。

「派手なメイクで‼‼‼‼」と指定されるんです。
というのも、ステージに乗ったときに映えるようなメイクでないといけないからなんです。

綺麗にしてる人たちがステージにのってると、それだけでプロフェッショナルな感じがしますね。
学生たちはこういう場を通して、いかに自分たちを魅力的に見せるかを学んでいきます。

普段すっぴん派の私としては、数少ない化粧する日を大いに楽しんでいます。
こんなに気分が違うなら、毎日化粧しようかなとも思うのですが、
朝になると「すっぴんでいいや」と思ってしまうんですね。

こぼれ話ですが、演奏会前の集合時間。
たいてい1時間前です。無駄に早く集まったりしません。

昨日の公演では、なんと私が時間に気が付いたのは集合時間の5分前。
学校まではどんなに急いでも7分はかかります。

5分遅れで音楽院に着き、友人を探すも誰もいませんでした。
「やばい、もうみんな集まって本番前の打ち合わせでもしてるのか」と思って真っ青になっていたところ、
同じように遅れてきた友人が。

指定された控え室にいくと、私たち以外誰もいません。
なんと、みんな5分どころじゃなく遅刻してきたのでした。

「遅刻」っていうより、「ゆるりとそのくらいの時間に集まった」というのが正しいですね。
こういう時に「やばい遅刻だ。怒られる」と思うのが、自分が日本人だと感じるときです。

それぞれが身支度を整えて、軽くみんなで声出しをしたら、もう後は「ステージ袖で5分前に集まりましょう」という気楽なものです。
案外それくらい気楽なほうがうまくいくのかもしれないと思ったりもしました。
23:25  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.15 (Sat)

イースターの飾りつけ

イースターおめでとうございます!

イースター休暇の一日目は、友達の家で寿司パーティーをしました。
そして、イースターのデコレーションを一緒にすることに。

きっかけはひょんなこと。
イースターの時、ポーランド人は籐籠にソーセージや卵、バプカをいれて教会に持って行き、お清めします。
そしてその清められた食事を、イースターの朝食として食べるんです。

その籐で編まれたバスケットがほしいとずっと思っていました。
ポーランド人はレースやリボンをつけてきれいに飾り付けるんです。

友達の家の近くでもそれを売っていて、値段を確かめると意外に安かったので、買うことに。
そこから楽しみの始まりでした。
こういうことって、やり始めると面白いんですね。

プラスチックのフィルムでラッピングした卵。
かわいくてたくさん作りたくなりましたが、我慢我慢。
17990677_10155201049571779_8935077045346118118_n.jpg

去年いただいたニワトリも使ってみました。
17903834_10155201049106779_4415553200948280590_n.jpg

完成した私のバスケット。
緑の葉っぱは榊です。榊が聖なるものなのは国を超えても同じなんですね。


友人が作ったカオスなバスケット。テノールが何かを創作するとこうなるんですね。
17951668_10155201052021779_4492395013155846277_n.jpg

本当はお節料理のように、バスケットに入れるものは一品一品意味があるようですが、
私たちが作ったのは完全に部屋のデコレーション用。
日本でのクリスマスと同じく、完全に季節の雰囲気作りのためでした。

キリストの復活を祝うイースター、明日はクリスマスと並んで重要な日祝日です。

美しい春の日でありますように!
Wesołych Świąt ‼
22:59  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.13 (Thu)

イースター休暇

先週末の「棕櫚の日曜日」を経て、今日からイースター休暇に入りました。

中央広場ではイースターマーケットが開催されていて、イースターに必要な飾り物がやらはちみつやらがたくさん並んでいます。

この藁でできた飾りものをもって教会に行き、聖水で清めてから家の護符として部屋に飾ります。
おそらく、スラブ民族の風習だと思います。

17883787_10155193376476779_7753536655209990529_n.jpg

変わり種として、ウサギやひよこのデザインも。
どちらもキリストの復活を象徴する動物です。


今日は友達とこのイースターマーケットに行き、いろんなものを物色してきました。

私が毎年買っているのは、たまごをラッピングするためのプラスチックフィルム。
卵にかぶせて、さっとお湯にくぐらせるとおしゃれな卵の出来上がりです。
ポーランドではこの装飾した卵を「ピサンキ」といいます。
今回私が買ったのはウクライナ製。ポーランドともまた違った独特な色合いです。
17904383_10155193502781779_2009820894074827393_n.jpg

他には、「バプカ」というパウンドケーキもこの季節の限定のデザート。
私は素朴な味わいのバプカが大好きです。
一人で食べるのに大きいサイズを買って、友達に笑われました。
毎日の朝食がバプカでもいいくらいです。


そして外せないのが、マーケットには必ず出ているはちみつやさん。
小さい規模のイースターマーケットなのに、はちみつやだけで4店舗もありました。
その中の一軒で、いろんな種類のはちみつを味見させてもらい、
友達は2つの種類のはちみつを買っていました。
ひそかなはちみつブームはまだ続いています。

今年のイースターは、久しぶりに一人の時間を楽しもうかと思います。
卒業論文も書かなきゃいけないし、久しぶりの休みでもあるので、のんびりとするつもりです。

といっても明日は友達とスイミング&寿司パーティー、夜はコンサート。
なんだかんだで外出するのですが。。。。

21:31  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT